AGA治療とは

  1. FUE植毛治療情報室 TOP
  2. 薄毛と治療法
  3. AGA治療とは

AGAとは?また、その治療法とは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。
若い人ですと、10代後半から発症します。
発症確率は20代で20%、30代で30%、40代で40%と、年齢とともに上がっていきます。

AGAの原因はいくつか考えられますが、
主な原因として考えられているのが、
男性ホルモンの1種:「ジヒドロテストステロン」です。

このジヒドロテストステロンは、通常の男性ホルモンの
<<10~100倍>>毛根を委縮させる力を持っています。

AGA治療薬として、世界60か国以上で認可・使用されている錠剤:プロペシアは、
この「ジヒドロテストステロン」を生み出す「5αリダクターゼ」という酵素の働きを
抑制する効果があります。
つまり、【毛根萎縮の動きを「抑制」します。】

AGA治療では、この認可薬:プロペシアを使って治療していきます。

また、外用薬も正しい処方の物は効果があります。

親和クリニックでは、「日本分子毛髪科学研究所」を併設し、日夜毛髪生成について
研究を行っております。この研究所で開発されたオリジナルの発毛剤を使用し、
常に最新の技術の最善の発毛・育毛を患者さまへお届けしております。

AGAと移植毛

男性ホルモン:ジヒドロテストステロンは、
「額の生え際から頭頂部」の毛髪に大きな影響を与えると言われています。

では、もしも薬治療ではなく、
自毛植毛を用いてAGA治療を行う場合、
移植した毛も男性ホルモンによって「萎縮」し、薄毛進行するのでは?
という疑問や不安を持っている方もいるかと思います。

実は、毛根の細胞は生えている場所によって異なる性質をもっているのです。
側頭部や後頭部(ジヒドロテストステロンの影響を受けにくい箇所)から
移植した毛髪は、移植後も元々生えていた場所の性質を持ったままになります。

つまり、移植後もジヒドロテストステロンの影響を受けにくいのです。
自毛植毛は、生え続ける毛を薄毛箇所に移植できる治療法です。

  自毛植毛 人工毛植毛 内服薬 発毛剤 かつら
取り扱い 医療機関 医療機関 医療機関 一般店舗 一般店舗
費用
(タイミング)
高額
(手術1度)※ローン可能
高額
(手術のたびに)
少額
(長期にわたり)
少額
(長期にわたり)
高額
(長期にわたり)
対策期間 治療は1日で完了 治療は1日で完了 長期 長期 長期
メンテナンス 術後は髪が伸びるまで半年~1年かかる 数か月で抜け始める 数か月で抜け始める 個人差により効果実感まで時間がかかる 受注~完成に約1~2週間かかる
FUE(自毛植毛)の各施術方法について詳しくご紹介します
ご予約・ご相談・お問い合わせ
親和クリニック新宿
フリーダイヤル
0120-2323-24
電話
03-6273-2015
住所
東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿5F
最寄駅
東京メトロ副都心線 都営新宿線
新宿三丁目駅C5・C8出口 徒歩1分
JR線 新宿駅 東口 徒歩9分
JR線 新宿駅 東南口 徒歩9分
親和クリニック名古屋
フリーダイヤル
0120-3737-57
住所
愛知県名古屋市西区名駅2-34-20
CK23名駅前ビル6F
最寄駅
JR名古屋駅 桜通出口 徒歩約5分
地下道ルーセントアーべニューのL4出口からは徒歩約1分
地下鉄名古屋駅 10番出口から徒歩約3分
名鉄名古屋駅から約8分
親和クリニック大阪
フリーダイヤル
0120-1212-16
電話
06-4799-1020
住所
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル2F
最寄駅
JR大阪駅・地下鉄御堂筋線 梅田駅 徒歩5分
阪神梅田駅・地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩5分
JR東西線 北新地駅11-21出口 徒歩1分
地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 徒歩2分