植毛治療とは

  1. FUE植毛治療情報室 TOP
  2. 薄毛と治療法
  3. 植毛治療とは

植毛の歴史は古く、自毛植毛は薄毛治療ガイドラインで推奨される治療法の一つ

植毛は、医療資格を持つ者でなければ行うことができない医療行為です。
現在欧米を中心に世界各国で普及している薄毛治療法の一つですが、
元は日本で発案されたものです。

1939年、日本人の奥田庄二医師が「パンチ・グラフト植毛」の手法を発表しました。
これは、火傷の治療において、毛髪を移植することで失った髪を元に戻すことを目的とし、
発案された治療法です。
その後、多くの研究が重ねられ、現在の植毛の形が確立しています。

成人男性の5人に1人ともいわれる「AGA(男性型脱毛症)」。
この治療の指針とされている、「日本皮膚科学会」が作成した診療ガイドラインでも、
「自毛植毛」が推薦度B判定をもらっている、治療法です。

  治療の推薦度 治療内容
A 強く勧められる ・ミノキシジル外用
(男性5%、女性1%)

・フィナステリド内服
(男性)
B 勧められる ・自毛植毛

自分の髪の毛を長期的に
しっかりと生やすことができます

C1 考慮しても良いが、
十分な根拠がない
・塩化カルプロニウムの外用医
薬部外品、化粧品の育毛剤の外用(t-フラバノン、アデノシン 他)
C2 考慮しても良いが、
十分な根拠がない
・医薬部外品、化粧品の育毛剤の外用
(セファランチン)

知られざる、日本人特有の植毛事情

日本人の髪の毛は、黒髪がほとんどです。
対して、欧米人は一般的に金髪や茶色などの薄い色の場合が多いです。

肌の色合いにもよりますが、髪色と肌色のコントラストが強い分、
日本人は髪が薄くなった際に、目立ってしまいます。

その他、欧米人と日本人の違いは、輪郭・本数にも違いがあります。
日本人をはじめとした東洋人は、
顔の全面の面積が広く、頭の形も丸型が多いと言われています。
欧米人は、縦長の輪郭が多く、生え際の面積が狭くなります。

しかも、髪の本数は、日本人が1cm四方:160本平均のことろ欧米人は平均200本と、
密度にも違いがあります。

つまり、日本人の薄毛は…
元々の量も少なく、目につく範囲が広く、なおかつコントラストもはっきり出る為、
欧米人より目立ってしまうのです。

欧米を中心に、発展している植毛ではありますが、
日本人に合わせた細やかな植毛が大切になります。

移植するグラフト(株)の向きや、一定の範囲に移植するグラフトの最適な量を
見極める判断力など、知識や技術だけではなく多くの経験が必要となってきます。

植毛後の自然な仕上がりに必要な、発毛後のヘアラインまでを創造していく技術は、
経験の上で成り立ちます。

満足のいく髪を手に入れるには、
経験豊富な医師に依頼することが大事になります。

FUE(自毛植毛)の各施術方法について詳しくご紹介します
ご予約・ご相談・お問い合わせ
親和クリニック新宿
フリーダイヤル
0120-2323-24
電話
03-6273-2015
住所
東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿5F
最寄駅
東京メトロ副都心線 都営新宿線
新宿三丁目駅C5・C8出口 徒歩1分
JR線 新宿駅 東口 徒歩9分
JR線 新宿駅 東南口 徒歩9分
親和クリニック名古屋
フリーダイヤル
0120-3737-57
住所
愛知県名古屋市西区名駅2-34-20
CK23名駅前ビル6F
最寄駅
JR名古屋駅 桜通出口 徒歩約5分
地下道ルーセントアーべニューのL4出口からは徒歩約1分
地下鉄名古屋駅 10番出口から徒歩約3分
名鉄名古屋駅から約8分
親和クリニック大阪
フリーダイヤル
0120-1212-16
電話
06-4799-1020
住所
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル2F
最寄駅
JR大阪駅・地下鉄御堂筋線 梅田駅 徒歩5分
阪神梅田駅・地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩5分
JR東西線 北新地駅11-21出口 徒歩1分
地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 徒歩2分